知ってる?授乳中にも葉酸が必要な理由

知ってる?授乳中にも葉酸が必要な理由

葉酸は、妊活中の女性に必要な栄養素としてよく話題にのぼりますが、赤ちゃんが産まれた後の授乳期間中にも必要なものということをご存知ですか?なぜ葉酸が授乳期にも必要なのか、その理由についてご紹介しましょう。

葉酸を摂ることで、体内の細胞分裂を活性化させることができます。赤ちゃんの頃は、体重や身長の変化が著しい時期です。お母さんが葉酸を摂取することで、赤ちゃんの成長をサポートすることができます。毎日大きくなっていく赤ちゃんの成長を手助けする葉酸は、血液をつくる働きもあります。産後に、お母さんの体力を回復させるためには、葉酸の力が必要です。赤ちゃんが飲む母乳の素になっているものは血液なので、しっかりと体全体に血液が行き渡っていなければ、母乳不足に陥ってしまいます。貧血を予防するためにも、葉酸を摂る必要があります。

葉酸の必要量をご紹介しましょう。妊娠前は400マイクログラム、妊娠中は480マイクログラム、赤ちゃんを出産してからは、340マイクログラムの量が必要であると言われています。葉酸を多く含む、からし葉やほうれん草、ブロッコリーなどの野菜から摂取することもできますが、

毎日の必要量を野菜だけで補うことは難しいため、サプリメントを上手に活用して、葉酸を体内に取り入れましょう。葉酸はサプリメントだけでなく、キャンディーやゼリーなどからも摂ることができます。好みの形体の葉酸サプリメントを選んで摂取しましょう。

ページのトップへ戻る